メガネ・サングラス・補聴器 メガネのひらまつ

HOME > サービス案内 > フレーム選び

フレーム

決定した度数、レンズ、使用目的、職業、顔型などを参考にお客さまのフレームをお選びします。メガネでお顔の印象が大きく変わります。服と同じように、お客さまに合ったフレームを選ぶことが大切です。
メガネのひらまつでは、確かな品質のフレームを多数ご用意しておりますので、お客さまのご満足いただけるものをご提供いたします。
もちろん現在お使いになっている大切なフレームをそのままご使用いただけます。(その際、一度フレームを点検させていただきますのでご安心ください。)

最初にチェックするのは、ご自身の眉のラインとメガネのリムのトップラインが似ているかどうかです。似たような形を選べば、メガネは自然と顔に馴染みます。自分の眉の形を確認しながら、メガネのデザインを選びましょう。

次に、ご自身の顔の輪郭から、どのタイプのフレームが似合うかを考えます。
どんなメガネでも似合う「卵型」、大きめのフレームが似合う「面長」、小ぶりなフレームが似合う「三角顔」と「四角顔」、楯幅の狭いフレームが似合う「丸顔」の4つの輪郭に分けられます。

スクエアタイプ
面長 縦幅が狭いと顔の長さが目立つ
三角顔 あまり角張っていないタイプがオススメ!
四角顔 角が強調されて角張って見えることも
丸顔 縦幅が狭い細いフレームがオススメ!
オーバルタイプ
面長 下リムだけのアンダーリムがオススメ!
三角顔 小ぶりで細いフレームがオススメ!
四角顔 縦幅が広めの太いフレームがオススメ!
丸顔 下リムがないナイロールがオススメ!
ウェリントンタイプ
面長 幅が広い太いフレームがオススメ!
三角顔 大きいとフレームだけ目立つことも
四角顔 丸めで縦幅が広いタイプがオススメ!
丸顔 太いフレームだと重たい印象になることも
HOYA ファッションディレクター認定
パーソナル・アイウェア・コンサルタント資格取得者

メガネのひらまつにご来店いただけましたら、HOYAファッションディレクター認定パーソナル・アイウェア・コンサルタント資格取得スタッフが、お客さまのメガネのコーディネートをお手伝いさせていただきます。

倉敷・倉敷本店 川合 正則
川上 日登美
倉敷・福島店 赤木 忍
赤木 直美
金田 優花
倉敷・田ノ上店 池  ゆきこ
納田 高大
遠藤 智子
中塚 美佐
倉敷・玉島店 新宮 智宏
加藤 匠
総社・総社店 高見 智香子
柳井 ゆきみ
西江 紀子
池田 由美子
岡山・今店 渡辺 幸一
古田 直子
曽我部 めぐみ
岡山・平井店 小原 一博
岡山・青江店 河上 雅史
松永 岳晴
藤原 加奈子
小見山 美紀
河相 裕子

PAGETOP
Copyright © メガネのひらまつ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.